北川物産株式会社
 大桑再生砕石工場(リプラ)
資源の有効利用から未来に優しい環境を考える
 
所在地
 〒921-8046
金沢市大桑町チ155番地
TEL:076‐243‐3200
FAX:076‐243‐3204
 |業務内容製造設備許認可製造品目採用情報
 事業内容 
品質第一!お客様が満足して使っていただける製品を目指して!!

建築・土木構造物解体工事現場において発生したコンクリートがれき類及びアスファルトがれき類を破砕し、異物除去などの中間処理を行い、土木用再生砕石を製造する。

 環境への配慮

ハイブリッドシステム油圧ショベルを導入

 この度採用した油圧ショベルは旋回時に電気モーターを採用し低燃費低騒音を兼ねCO2の削減で低公害
3拍子揃った油圧ショベルです。

 製造設備
○一次・二次破砕機の設置

 
コンクリートやアスファルト片を2段の破砕機により効率よく破砕し、次期行程のスピード化を計っている

一次破砕機:シングル・トッグルクラッシャー
            FS-4230
二次破砕機:インプラブレーカー
            KAP-55N  

○磁選機の設置

 破砕された材料を強力な電磁石を3基装着した磁選機に通 過させ、混入している鉄片を除去している。

磁選機:電磁式吊下磁選機
        SEM−100BD

○不純物除去装置の設置

 電磁石磁選機を通過した材料を水槽内へ導き、浮力を活用し浮遊する木くずや不燃物を除去し、適度な湿潤と異臭を減少させた再生砕石を製造している。

ごみ取り機:不純物除去装置
         GBM−1200

 ○振動篩装置

 振動篩機を通過させることにより製品のサイズ均一化を図る

振動篩:リップルロール型振動篩
         KR-H410
   
 許認可
【産業廃棄物破砕施設】
 金沢市
届出施設番号 金沢産破第7号
許可年月日 平成13年2月1日
施設の種類 がれき類の破砕施設
産業廃棄物の種類 がれき類(コンクリート、アスファルト)
月間処理能力 20,000トン

【産業廃棄物処分業】
 金沢市
許可番号 第06020030961号
許可年月日 平成28年3月29日
事業の区分 中間処理(A:破砕)
取扱廃棄物の種類 ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず
(コンクリートくずに限る)
 製造品目
●コンクリート再生砕石  (RC-40)
●再生粒度調整砕石   (RM-40)

サイトポリシープライバシーポリシー
 Copyright © 2004- KITAGAWA BUSSAN GROUP CO. All Rights Reserved.